☆新型コロナウイルスへの対策 および 参加者の皆さまにお願いしたいこと(主に登山について)

「アウトドア手話企画-等高線-」では、新型コロナウイルスへの対応について、次のように対策を考えています。

 

山岳医療救助機構が公表している、「登山再開に向けた知識(計画と準備編)version1」および「(Q&A集)登山再開に向けた知識(計画と準備編)0516」の考えを根拠に対策を検討します。

参加者の皆さまも、この内容に関しては下記URLを読んで、理解しておいてください。

 

◆「登山再開に向けた知識(計画と準備編)version1」

https://sangakui.jp/data/wp-content/uploads/tozan_knowledge_covid19_prepplan_ver.1URLQR.pdf

◆「(Q&A集)登山再開に向けた知識(計画と準備編)0516」

https://sangakui.jp/data/wp-content/uploads/QA0516_tozan_knowledge_prepplan.pdf

 

【登山ガイドがすること】

  1. 登山ガイドは、体温計、パルスオキシメーター、手指洗浄剤、アルコールジェル、アルコール系手拭きシートをガイド用装備として常時携行します。
  2. 山行時には、三密を避けるよう十分な注意を払います。ソーシャルディタンスに留意して行動します。
  3. 体調不良およびコロナウイルスに関する行政の自粛要請等の決定による参加のキャンセルは、キャンセル料を頂きません。
  4. 宿泊を伴う企画については、宿泊場所の決定した感染対策に従います。

【お客様にお願いしたいこと】

  1. お客様はマスクを携帯し、ガイドの指示があれば、マスクをつけ行動してください。
  2. アルコールジェル、アルコール系手拭きシートはお客様ご自身でもご用意ください。
  3. 通常のゴミ袋でなく、できれば、密閉できるジッパー付きの袋などをご持参のうえ、自分が出したゴミは必ず自宅まで持ち帰ってください。
  4. 山行途中に体調がいつもと違うと感じたときには、速やかにガイドに伝えてください。
  5. 企画当日前の体調管理には、これまで以上に注意を払ってください。
  6. 企画参加後、発熱など新型コロナウイルスの感染が疑われる症状が発生した場合は、速やかにガイドにご連絡ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 以上の対応は、新型コロナウイルスの治療薬やワクチンが開発されるまでの対策とします。

 感染の拡大状況等にあわせて、変更することもあります。その場合は都度お知らせしていきますので、ご確認をお願いします。

 「うつらない」「うつさない」を守りながら登山を楽しんでいきたいと考えています。

 参加者の皆さんだけでなく、そこにいる登山者誰もが安心して山を楽しめるよう、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。